新型コロナウイルス感染症に関する学生・生徒等支援のためのご寄付のお願い

学生・生徒等支援のためのご寄付のお願い

 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は世界で猛威を振るっており、私たちの生活全般に大きな影響を与えています。

 このような危機的状況に直面し、仁愛学園では、国や自治体からの要請に従いつつ、学生の学修の機会を維持・継続するために、教職員が一丸となって取り組んでおります。 大学、短期大学においては、対面授業を禁止しオンライン授業への全面的移行を進め、高校・幼稚園においては、感染防止に最大限注意を払いつつ、授業を実施しております。

 しかしながら、学生・生徒の中にはそれぞれの環境により不自由な状態の中で勉学に励んでいるもの、アルバイト収入も絶たれ、日々の生活に希望と目標を見失ってしまっているもの、経済状況の悪化により親への負担も考え将来に悩むものもいます。

 これらの状況に対し、本学園では、学生・生徒への緊急的な支援策として、全学生・生徒に対する「オンライン授業受講のための支援」、自宅外学生に対する「家賃支援」を実施するほか、様々な制度によりその対応にあたっているところですが、まだまだ十分とは言えません。
 今後も感染が長期化する可能性があり第2波、第3波の到来も懸念されることから、学生・生徒へのより一層の支援を、安定的に継続して行うための財源の確保が必要だと考えており、この度緊急に学生・生徒等支援のための募金を開始しました。
 主な支援としては、
① 経済的被害・損失を被り、学業の継続に支障をきたしている学生・生徒への支援
② 円滑なオンライン授業実施のための学習環境整備
 などを考えています。

 今、窮地に立たされている多くの学生・生徒を支援するため、何卒、この趣旨にご理解、ご賛同いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年6月     
学校法人 福井仁愛学園
理事長 禿  了 修




ご寄付について

 新型コロナウイルス感染症対応に関するご支援にあっては、① 本学園が募集する「緊急学生・生徒等支援募金」へご支援いただく方法と、② 福井県へ「ふるさと納税」をすることでご支援いただける方法の2つがあります。

 いずれの寄付も学生・生徒等への支援金として活用させて頂きますが、それぞれ税金の還付額等が異なること、ふるさと納税による支援は仁愛大学・仁愛女子短期大学に限られること等の違いがあります。以下より内容をご確認のうえ、お選びください。

① 「緊急学生・生徒等支援募金」で支援する
支援対象:学園の各校
寄付方法:銀行振込
②「ふるさと納税」(福井県が実施)で支援する
支援対象:仁愛大学、仁愛女子短期大学
寄付方法:銀行振込 郵便振替
クレジットカード コンビニ払い 等

(税制優遇の例)

給与収入 500万円(課税所得300万円)、配偶者有、共働き、扶養する子なし
10,000円をご支援いただいた場合の税金還付控除目安

所得控除制度の選択 還付・控除額 実質自己負担額
①「緊急学生・生徒等支援募金」所得控除800円9,200円
税額控除3,200円6,800円

還付・控除額 実質自己負担額
②「ふるさと納税」8,000円2,000円

①、②それぞれにお進みいただきますと、収入に応じた税金の還付・控除額の目安がご覧いただけます

 寄付金に関するお問い合わせ先
  学校法人福井仁愛学園 法人本部寄付事業室
  〒910-0124 福井県福井市天池町43-1-1
  TEL:0776-56-1133 FAX:0776-56-2922
  E-Mail:kifu@jin-ai.ac.jp